NVIDIA

PGI 14.4コンパイラ・スイートの提供を開始

OpenACC C++サポートとOpenACC 2.0機能の拡張、 OpenACCデバッギング、マルチコアx64パフォーマンスの改善など

2014年5月6日 - カリフォルニア州サンタクララ -NVIDIA(本社:米国カリフォルニア州サンタクララ、社長兼CEO: ジェンスン・フアン(Jen-Hsun Huang)、Nasdaq:NVDA)は本日、PGI® 2014コンパイラ&ツール・スイート、バージョン14.4の提供が開始され、ハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)分野でかつてないほどのパフォーマンスとシンプルなプログラミングが実現できるようになったと発表しました。

2月に発表されたPGI 2014は、業界をリードする高性能な並列化コンパイラと開発ツールの最新バージョンとなるスイートです。今回のバージョン14.4ではパフォーマンスとプログラミング性がさまざまな面で改良されており、HPC分野において、アクセラレータやマルチコアCPUプロセッサのパワーを最大限に活用することが簡単になりました。

本日よりNVIDIAおよび正規販売店より提供されるPGI Acceleratorスイート、バージョン14.4には、以下のような特長があります。

  • OpenACC機能の拡張-深くネストされたループに対するループ・ディレクティブのcollapse節、並列化ディレクティブのfirstprivate節、C構造体/Fortranから派生したデータ節のタイプ・メンバ配列などが使えるようになりました。
  • C++クラスでOpenACCをサポート-静的配列クラス・メンバ、動的配列へのメンバ・ポインタ、メンバ関数やメンバ演算子などが使えるようになりました。
  • OpenACCデバイスサイド・デバッギング-Allinea DTTでサポートされました。
  • マルチコアCPU機能と拡張-Intel Sandy Bridgeプロセッサで動作する場合、PGI 14.1に比べてSPEC OMP 2012のパフォーマンスが高くなりました。最新のIntel Haswell CPUについては、新しいAVX2命令がサポートされました。また、C++11をサポートする新しいEDG C++フロントエンドが使えるようになりました。

このほか、PGI 14.4では、環境モジュール、人気のNetCDFライブラリとHDF5ライブラリのプリビルト・バージョン、新しいチュートリアルとコード例なども用意されています。PGI 14.4の機能と特長が詳しく知りたい方は、www.pgroup.com/doc/pgirn.pdf(英語)をご覧ください。

PGI 14.4は、本日より、PGIウェブサイト経由でNVIDIAから直接入手することができます。www.pgroup.com/support/trial.htmからは、無償の試用版も入手できます。なお、試用版の利用には登録が必要です。

PGI Softwareについて
PGI SoftwareはNVIDIAブランドのひとつで、IntelおよびAMDのx64プロセッサとNVIDIAやAMDのHPCアクセラレータを搭載したワークステーションやサーバ、クラスタにおいて高性能なパラレルFortran、C、C++が使えるコンパイラとツールを提供しています。詳しい情報は、www.pgroup.comをご覧ください。sales@pgroup.comへ電子メールをお送りいただくか、(503) 682-2806へ電話をしていただくこともできます。

NVIDIAの最新情報は、以下の方法で入手できます。

NVIDIAについて
1993年以来、NVIDIAはビジュアルコンピューティングにおける、芸術と科学の先駆者であり続けています。NVIDIAのテクノロジは、ゲーマーから科学者、消費者から企業顧客にいたるまで、すべての人々にとって、ディスプレイの世界を双方向的発見の世界へ一変させています。当社の詳細についてはwww.nvidia.co.jpおよび//blogs.nvidia.com、または日本語サイト//www.nvidia.co.jpをご覧ください。