他の画像

Tesla C2050 / C2070 GPU
コンピューティングプロセッサ

NVIDIA® Tesla™ C2050/2070コンピューティング・プロセッサは、1/20の消費電力と1/10のコストでスーパーコンピューティングのパワーを実現し、小型クラスタのパフォーマンスをデスクトッップにもたらします。

 
NVIDIA Tesla™ C2050およびC2070コンピューティング・プロセッサは、並列コンピューティングを強化し、デスクトッップにスモールクラスタのパフォーマンスをもたらします。コードネーム「Fermi」と呼ばれる次世代CUDAアーキテクチャをベースに、20シリーズのTesla GPUサポートは、C++サポート、妥協のない正確さと拡張性のためのECCメモリ、Tesla 10シリーズGPUと比較して7倍になる倍精度性能など、技術および企業コンピューティングに「なくてはならない」多くの機能ををサポートします。

Tesla™ C2050およびC2070 GPUは、高性能コンピューティングに変化を与え、誰でもスーパーコンピューティングを使えるよう設計されています。 最新のクアッドコアCPUと比較すると、Tesla C2050およびC2070コンピューティング・プロセッサは、1/10のコストと1/20の電力消費で、スーパーコンピューティングと同等のパフォーマンスを実現します。

特徴

Fermi世代のCUDAアーキテクチャに強化されたGPU

最新のクアッドコアCPUをベースとしたCPUのみのシステムの1/10のコストと1/20の電力消費で、クラスタ並みのパフォーマンスを実現します。

448 CUDA コア

各GPUにおいて最大515ギガフロップの倍精度ピーク性能を実現し、1台のワークステーションで、テラフロップもしくはそれ以上のパフォーマンスの提供を可能にします。単精度ピーク性能は、各GPUでテラフロップを越えます。

ECC メモリ

計算の正確性とワークステーションの信頼性に対する重要条件を満たします。データの統合性とアプリケーションの信頼性を高めるため、メモリ内でのデータの保護を提供します。レジスタファイル、L1/L2キャッシュ、共有メモリ、DRAMは全てECC保護されます。

デスクトッップ・クラスタ性能

複数のGPUを搭載したシングルワークステーション上での、スモールサーバクラスタよりも高速な大規模な問題を解決します。

最大6GBのGDDR5メモリ

GPUに直接接続されているローカルメモリに大規模なデータセットを確保することで、パフォーマンスを最大化し、データ転送を減少させます。

NVIDIA Parallel DataCache™(並列データキャッシュ)

物理ソルバ、レイトレーシング、疎行列乗算などのデータアドレスが事前に把握できないアルゴリズムを高速化します。これには、設定可能なストリーミングマルチプロセッサブロック毎のL1キャッシュや全プロセッサコア用の統一L2キャッシュが含まれます。

NVIDIA GigaThread™ Engine(ギガスレッドエンジン)

旧アーキテクチャよりも10倍高速化したコンテキストの切り替え、並列カーネル実行、進化したスレッドブロックスケジューリングにより、スループットを最大化します。

非同期転送

計算コアが他のデータを高速処理しながら、PCIeバス上でデータ転送をすることにより、システムパフォーマンスを大きく向上させます。地震探査処理のような重いデータ転送条件のあるアプリケーションでさえも、データを事前にローカルメモリへ転送することで、計算効率を最大化できます。

幅広いプログラミング言語とAPIに対応したCUDAプログラミング環境

アプリケーションの並列性を可能にするためC、C++、OpenCL、DirectCompute、Fortranから選択し、 「Fermi」GPUの革命的なアーキテクチャを活用しましょう。NVIDIA Parallel Nsightツールは、Microsoft Visual Studio開発者向けに提供されています。

高速PCIe Gen 2.0データ転送

ホストシステムとTeslaプロセッサ間の帯域幅を最大化します。Teslaシステムが、PCIe x16スロットを備えるどのPCIe対応ホストシステムとでも事実上動くようにします。

 

 

Tesla製品や加速されたアプリケーションに関するニュースアラートへのお申し込みは、こちらをクリックしてください

Tesla Bio Workbench
Tesla 10 series
Tesla Personal Supercomputer
Cuda Zone