ゲームが飛躍する:NVIDIA、GeForce GTX 1080を発表 Pascalアーキテクチャ採用により、GeForce GTX TITAN Xに比べて2倍のパフォー マンスと3倍の効率を実現

 
 

2016年5月6日 - テキサス州オースティン - NVIDIA(本社:米国カリフォルニア州サンタクララ、社長兼CEO: ジェンスン・フアン(Jen-Hsun Huang)、Nasdaq:NVDA)は本日、新しいPascal™アーキテクチャを採用した初のゲーム用GPU、NVIDIA® GeForce® GTX 1080を発表しました。GeForce GTX TITAN Xと比べ、バーチャルリアリティのパフォーマンスが最大で2倍となります1

先代のMaxwell™アーキテクチャも高性能でしたが、Pascalは、パフォーマンスもメモリ帯域幅も電力効率も大幅に向上しています。さらに、革新的なグラフィックス機能やテクノロジも各種搭載されており、PCを、AAAクラスのゲームやバーチャルリアリティを楽しむ究極のプラットフォームへと変えることができます。

NVIDIAのPC事業担当上級副社長、ジェフ・フィッシャー(Jeff Fisher)は、次のように述べています。「PCは多くの人にゲーム用プラットフォームとして愛されていますが、NVIDIAの新しいPascal GPUアーキテクチャは、そのPCを新たな高みへと持ち上げることができます。そのPascalを初めて採用したゲーム用GPU、GeForce GTX 1080なら、パフォーマンスも効率も劇的に向上し、驚異的なリアリズムのゲームや真にイマーシブなVR体験が得られるのです。かつてないほどパワフルなゲーム用GPUで、NVIDIAにとっても最高傑作のひとつだと言えます。」

Pascal、5つの特長
Pascalアーキテクチャは、VRなど、膨大なコンピューティングを必要とするテクノロジに対応できるようにと開発されたもので、5種類の革新的なテクノロジが投入されています。

  • 次世代GPUアーキテクチャ――Pascalは1ワットあたりのパフォーマンスが最高となるように設計されています。その結果、GTX 1080は、Maxwellアーキテクチャ採用のGPUに比べて電力効率が3倍に達しました。
  • 16nm FinFETプロセス――GTX 1080は、ゲーム用GPUとして初めて16nm FinFETプロセスを採用しました。このプロセスではトランジスタが小型化・高速化しますし、集積密度も高めることができます。こうして、72億個のトランジスタにより、パフォーマンスと効率を劇的に高めることに成功したのです。
  • 高度なメモリ――PascalベースのGPUは、8GBのMicron GDDR5Xメモリの能力を活用することに成功しました。メモリ・インターフェースは256ビットで10Gb/秒もの転送能力を誇ります。この結果、通常のGDDR5に比べ、有効メモリ帯域幅を1.7倍に高めることができました。
  • すばらしい仕上がり――帯域幅と電力効率の向上により、GTX 1080は、わずか180ワットで過去最高のクロック・スピード――1700MHz以上――を達成しました。非同期計算も進歩し、効率とゲーム性能が高まりました。しかも、新しいGPU Boost™ 3テクノロジでは、高度なオーバクロッキングもサポートされています。
  • 革新的なゲーム・テクノロジ――NVIDIAは、開発からプレイ、シェアにいたるまで、さまざまな側面でゲームというものを変革しつつあります。新しいNVIDIA VRWorks™ソフトウェアには、ゲーム環境をかつてないほどイマーシブにできる機能が用意されています。Ansel™テクノロジでは、いままでにないやり方で、ゲーム体験をシェアしたりゲーム世界を探検したりすることができます。

Epic Games社の創業者兼CEO、ティム・スウィーニー(Tim Sweeney)氏は、次のように述べています。「GTX 1080のパフォーマンスと機能には本当に驚いてしまいました。当社のゲーム、『Paragon』の映像はもともとオフラインでレンダリングすることを前提に作ってあるのですが、GTX 1080では、それをリアルタイムにレンダリングできてしまうので感動しました。今後、UE4とGTX 1080により、2DについてもVRについても、ゲームや自動車デザイン、建築関係のビジュアライゼーションなどの分野でどういうものが生みだされていくのか、とても楽しみです。」

VRWorks:新次元のVRプレゼンス
ユーザが仮想世界に没頭できるようにと、新しいNVIDIA VRWorksソフトウェア開発キットでは、いまだだれも経験したことのないレベルの「VRプレゼンス」が提供されます。ユーザの視覚、聴覚、触覚と環境の物理的な挙動とを組み合わせ、仮想体験がリアルであると錯覚させるのです。

  • 2倍のVRグラフィックス性能――VRディスプレイは通常の2Dモニタと形状が異なりますが、新しいVRWorks Graphicsでは、そのようなVRディスプレイに最適なレンダリングをネイティブでおこなえる同時マルチプロジェクション機能がサポートされました。左目用と右目用の映像も、シングル・パスで同時にレンダリングすることができます。
  • 包み込むようなオーディオ――VRWorks Audioでは、NVIDIA OptiX™レイトレーシング・エンジンを用いて音の伝達経路をリアルタイムに追跡し、仮想世界のサイズや形状、構成材質などをすべて反映させることができます。
  • インタラクティブな触覚と物理演算――NVIDIA PhysX® for VRでは、手に持ったコントローラが仮想オブジェクトと干渉するとそれを検出し、視覚的にも触覚的にも物理的に正しい反応をゲーム・エンジンに出力させることができます。ユーザを取り囲む仮想世界の物理的挙動をモデル化することも可能で、爆発や手で水をはね飛ばす動きなど、あらゆる相互作用を現実であるかのように感じさせることができます。

NVIDIAでは、これらのテクノロジを組み込んだVR FunhouseというVR体験を用意しています。
CCP Games社のCEO、ヒルマー・ヴェイガー・ピーターソン(Hilmar Veigar Petursson)氏は、次のように述べています。「当社の『EVE: Valkyrie』を遊ぶには、GeForce GTX 1080が最高です。一日も早くNVIDIAの新しいVRWorks機能を『Valkyrie』に組み込み、ゲームのビジュアルとパフォーマンスを新たな次元へ押し上げたいと思っています。」

Ansel:芸術的なゲームのシーンをキャプチャする
NVIDIAは、ゲーム・キャプチャのパワフルなツール、Anselも発表しました。Anselを使うと、いままでにないやり方でゲームの芸術的なシーンをキャプチャし、シェアすることができます。
Anselでは、ゲームプレイをキャプチャする際、カメラを構える場所やその向きをゲーム世界で好きなように設定できます。画面解像度の32倍もの解像度でスクリーンショットがとれますし、好きなところにズームすることもできます。ズームで映像がぼける心配もありません。フォト・フィルタでリアルタイムにエフェクトをかけることも可能で、望むままの完璧なショットが得られます。360度の全天球で立体映像をキャプチャし、VRヘッドセットやGoogle Cardboardで楽しむこともできます。

供給状況と価格
NVIDIA GeForce GTX 1080は「Founders Edition」が5月27日に699ドルで発売される予定です。販売は、ASUS、Colorful、EVGA、Gainward、Galaxy、Gigabyte、Innovision 3D、MSI、NVIDIA、Palit、PNY、Zotacからとなります。地域ごとにパートナー各社から各種のカスタム・ボードも発売される予定で、その価格は599ドルからとなる見込みです。

GeForce GTX 1080はシステムに組み込まれた形でも販売されます。販売は、国内の大手システム・インテグレータ各社からも予定しています。

NVIDIA GeForce GTX 1070の「Founders Edition」も、6月10日に449ドルで発売される予定です。パートナー各社が発売するカスタム・ボードは379ドルからとなる見込みです。

GeForce GTX 1080および1070の詳しい情報は、//www.nvidia.co.jp/graphics-cards/geforce/pascal/jp/gtx-1080をご覧ください。
Anselは、『Tom Clancy's The Division』、『The Witness』、『Lawbreakers』、『The Witcher 3』、『Paragon』、『No Man's Sky』、『Obduction, Fortnite』、『Unreal Tournament』など、今後新たにリリースされるゲームや既存ゲームのパッチで供給されます。

(1) Mech VRデモにて、測定された性能

NVIDIAについての最新情報:
公式ブログNVIDIA blog, Facebook, Google+, TwitterLinkedInInstagramNVIDIAに関する動画YouTube、 画像Flickr

NVIDIAについて
1993年以来、NVIDIA(NASDAQ: NVDA)は、ビジュアル・コンピューティングという芸術的な科学の世界をリードしてきました。ゲーミング、自動車、データセンターおよびプロフェショナル・ビジュアリゼーションの分野で特化したプラットフォームを提供し続けています。NVIDIAの製品は仮想現実、人工知能、自律走行車の開発においても最新の技術を提供しています。詳しい情報は、//nvidianews.nvidia.com/をご覧ください。

____________________________________

本プレスリリースに記載されている、内容は予測とは大幅に異なる結果が生じるリスクと不確実性を伴っています。かかるリスクと不確実性は、世界的な経済環境、サードパーティーに依存する製品の製造・組立・梱包・試験、技術開発および競合による影響、新しい製品やテクノロジの開発あるいは既存の製品やテクノロジの改良、当社製品やパートナー企業の製品の市場への浸透、デザイン・製造あるいはソフトウェアの欠陥、ユーザの嗜好および需要の変化、業界標準やインターフェースの変更、システム統合時に当社製品および技術の予期せぬパフォーマンスにより生じる損失などを含み、その他のリスクの詳細に関しては、Form10-Qの2016年1月31日を末日とする四半期レポートなど、米証券取引委員会(SEC)に提出されているNVIDIAの報告書に適宜記載されます。SECへの提出書類は写しがNVIDIAのウェブサイトに掲載されており、NVIDIAから無償で入手することができます。これらの将来予測的な記述は発表日時点の見解に基づくものであって将来的な業績を保証するものではなく、法律による定めがある場合を除き、今後発生する事態や環境の変化に応じてこれらの記述を更新する義務をNVIDIAは一切負いません。

© 2016 NVIDIA Corporation. All rights reserved. NVIDIA、NVIDIAロゴ、GeForce、Ansel、GPU Boost、NVIDIA Maxwell、NVIDIA Pascal、NVIDIA OptiX、NVIDIA VRWorksおよび、PhysXまたはその他の国におけるNVIDIA Corporationの商標あるいは登録商標です。その他の企業名および製品名は、それぞれ各社の商標である可能性があります。機能や価格、供給状況、仕様は、予告なく変更される場合があります。




###

NVIDIA® Corporationは2016年度の登録商標です。すべての会社名および/または製品名はそれぞれのメーカの商標および/または登録商標です。機能、価格、可用性、および仕様は予告なしに変更されることがあります。

NVIDIAに関する詳細については、NVIDIAプレスルームhttp://www.nvidia.co.jp/page/press_room.html をご覧下さい。