NVIDIA の Turing アーキテクチャ、コンピューター グラフィックスを再創造

 
 

リアルタイム レイ トレーシング、AI、シミュレーション、ラスタライゼーション機能の融合によるハイブリッド レンダリングがコンピューター グラフィックスを根本から変革

バンクーバー (ブリティッシュ コロンビア) - SIGGRAPH (シーグラフ) 2018 年 8 月 13 日 - NVIDIA (NASDAQ: NVDA) は、NVIDIA は、コンピューター グラフィックスに革新をもたらす NVIDIA Turing™ GPU アーキテクチャを発表しました。

2006 年に CUDA GPU を開発して以来の大躍進として、Turing にはレイ トレーシングを加速する新しい RT コアと、AI による推論のための新しい Tensor コアを搭載しています。これら 2 つが初めて搭載されることで、リアルタイムのレイ トレーシングが可能となります。

これら 2 つのエンジンは、シミュレーション用のよりパワフルなコンピューティングと強化されたラスタライゼーション機能と共に提供されることで、新世代のハイブリッド レンダリングを牽引し、2500 憶ドル市場であるビジュアル エフェクト業界のニーズに対応します。ハイブリッド レンダリングは、映画に匹敵するインタラクティブ エクスペリエンスや、ニューラル ネットワークが実現する驚くべき新エフェクト、なめらかなインタラクティビティを、きわめて複雑なモデル上で実現します。

また NVIDIA は、NVIDIA® Quadro® RTX™ 8000、Quadro RTX 6000 および Quadro RTX 5000 GPU などの初の Turing ベースの製品も併せて発表しました。これらの製品は、複数の業界でデザイナーやアーティスト約 5000 万人の作業に大きな変革をもたらします。

NVIDIA、創立者/CEO、ジェンスン フアンは、SIGGRAPH 2018 のオープニングで次のように述べました。「Turing は NVIDIA にとって、コンピューター グラフィックスにおけるこの 10 年でもっとも重要なイノベーションです。ハイブリッド レンダリングはこの業界を変革し、驚くような可能性を切り開いて、より美しいデザインやよりリッチなエンターテイメント、さらにインタラクティブなエクスペリエンスで私たちのライフスタイルを豊かにしてくれるでしょう。リアルタイム レイ トレーシングの登場は、この業界にとって聖杯ともいうべきものです」

NVIDIA の第 8 世代 GPU アーキテクチャである Turing は、エンジニアリング年にして 10,000 年以上の努力の結果として世界で初めて、レイ トレーシング GPU を実現します。 Turing のハイブリッド レンダリング機能をアプリケーションに使うことで、現実世界をこれまでの Pascal™ 世代の 6 倍のスピードでシミュレートすることが可能になります。

NVIDIA は、開発者がこれらの機能をフル活用できるようするため、新しい AI、レイ トレーシング、シミュレーション SDK により、 RTX 開発プラットフォームを強化しました。また NVIDIA は、何百万人ものデザイナーやアーティスト、サイエンティストが使用する主なグラフィックス アプリケーションが、RTX 開発プラットフォームを通じて Turing の機能を搭載する予定になっていることも発表しました。

アナリスト企業 JPR の CEO、ジョン ペディ氏は次のようにコメントしています。「これはまさにコンピューター グラフィックスの歴史における大きな節目といえます。NVIDIA は、私たちの予想より 5 年も早く、リアルタイムのレイ トレーシングを使えるようにしてくれました」

リアルタイム レイトレーシングを RT コアで加速
Turing アーキテクチャには、RT コアと呼ばれる専用のレイ トレーシング プロセッサが搭載されています。これは、3D 環境の中で光と音がどのように伝わるかという計算を最大 10 ギガレイ/秒まで加速することができます。Turing はリアルタイム レイ トレーシングのオペレーションを最大で Pascal 世代の 25 倍まで高速化します。また、GPUノードは CPU ノードの 30 倍以上のスピードでフィルム効果のファイナル フレーム レンダリングに使用することができます。

Cinesite の CTO、ミケレ ショレッテ氏は次のようにコメントしています。「Cinesite は、Arnold を GPU 上で動作させるため、Autodesk および NVIDIA とパートナーになることをうれしく思います。我々は、これほどドラマティックな結果が得られるとは思ってもいませんでした。これは、より速く、より頻繁に、しかもより高品質な環境でレンダリング反復できることを意味します。これでアーティストの作品は完全に様変わりするでしょう。」

パワフルな Tensor コアにより加速する AI
Turing アーキテクチャには Tensor コアも搭載されています。これはディープラーニングの学習および推論を加速するプロセッサで、最大 500 兆/秒のテンソル オペレーションを可能にします。

このレベルのパフォーマンスは、パワフルな新機能をもったアプリケーションを作成するために、AI で強化された機能を支えます。これらの機能は、高品質な動画生成を飛躍的に改善する DLAA (ディープラーニング アンチエイリアス) を含み、ノイズの除去や解像度のスケーリング、動画のリタイミングなどを行います。

これらの機能を持つ NVIDIA NGX™ ソフトウェア開発キットは、ディープラーニングを装備した新たなテクノロジ スタックとして、加速/強化されたグラフィックスや写真画像および動画処理を、事前に学習済のネットワークによって、アプリケーションに簡単に統合できるようにします。

新しい Turing ストリーミング マルチプロセッサでシミュレーションとラスタライゼーションをより高速に
Turing ベースの GPU には新しいストリーミング マルチプロセッサ (SM) アーキテクチャが搭載されており、浮動小数点データパスと並行して実行する整数実行ユニットと、前世代の帯域幅を 2 倍に拡張した新しいユニファイド キャッシュ アーキテクチャを追加します。

可変レート シェーディングなどの新しいグラフィックス テクノロジとの組み合わせにより、Turing SM はかつてないレベルのパフォーマンス (コア毎) を実現します。最大 4,608 CUDA コアによって、Turing は 1 秒当たり 16 兆回の整数演算と並行して最大で 16 兆回の浮動小数点演算が可能となります。

開発者は NVIDIA の CUDA 10、FleX および PhysX SDK を利用して、サイエンティフィック ビジュアライゼーションや仮想環境、特殊効果のための微粒子または液体のダイナミクスといった複雑なシミュレーションを作ることができます。

出荷予定
Turing ベースの Quadro GPU は、第 4 四半期に出荷開始予定となります。

NVIDIA について
NVIDIA が 1999 年に開発した GPU は、PC ゲーム市場の成長に拍車をかけ、現代のコンピューター グラフィックスを再定義し、並列コンピューティングを一変させました。最近では、GPU ディープラーニングが最新の AI、つまりコンピューティングの新時代の火付け役となり、世界を認知して理解できるコンピューター、ロボット、自動運転車の脳の役割を GPU が果たすまでになりました。今日、NVIDIA は「AI コンピューティング カンパニー」として知名度を上げています。詳しい情報は、www.nvidia.co.jp をご覧ください。

NVIDIA の最新情報は、以下の方法で入手できます。
公式ブログ NVIDIA blogFacebookGoogle+TwitterLinkedIn および Instagram、NVIDIA に関する動画 YouTube、画像 Flickr

____________________________________

本プレスリリースには次のような記述が含まれていますが、これらに限定されるものではありません。NVIDIAは、Turing GPU アーキテクチャの立ちあげによりコンピューター グラフィックスに革新と変革をもたらします。Turing アーキテクチャ、RTX プラットフォーム、Tensor コアの便益や能力、インパクトおよび性能は、レイ トレーシングの実現と加速を可能にする能力を含め、映画品質のレンダリングや新たなクリエイティブ ツールおよびなめらかなインタラクティビティを実現し、Turing は NVIDIA のもっとも重要なイノベーションとして業界をリセットしクリエイティブな可能性を開きます。Turing は現実世界を前例のないスピードでシミュレーションする新世代アプリケーションを可能にし、パートナーが反復処理をより速く、より頻繁に行えるようにしてアーティストの作品を変革し、強力な新機能をもったアプリケーションを生みだし、複雑なシミュレーションを可能にします。NVIDIA の Quadro RTX 製品は、デザイナーやアーティストの作品に革命をもたらします。主なグラフィックス アプリケーションは RTX 開発プラットフォームを通じて Turing 機能の搭載を予定しています。テクノロジの組み合わせによって新たな成果がもたらされ、コンピューターでビジュアライゼーションを行うすべての業界にテクノロジのインパクトを与えます。NVIDIA NGX ソフトウェア開発キットの便益、能力、性能および Quadro GPU の出荷時期は、リスクおよび不確定要素に従った将来の見通しに関する記述であり、想定と大幅な違いを生じる可能性があります。実際に大幅な違いを生む可能性がある重要な要素には次のものが含まれます。グローバルな経済状況、サードパーティに依存する製品の製造、組み立て、パッケージ、試験、技術開発および競合による影響、新製品およびテクノロジの開発あるいは既存製品およびテクノロジの改善、NVIDIA 製品または NVIDIA パートナー企業製製品の市場への受け入れ、設計、製造またはソフトウェアの不具合、消費者の好みあるいは需要の変化、業界基準およびインターフェイスの変更、NVIDIA 製品またはテクノロジがシステムに統合された場合の予期せぬパフォーマンス損失を含み、NVIDIA が証券取引委員会 (SEC) とともに提出する最新報告書と同じく、Form 10-K に基づく年次報告および Form 10-Q に基づく四半期報告を含みますが、それに限定されない報告書でその都度詳述されます。SEC が提出する報告書の複写は、NVIDIA Web サイトに掲載されており、また NVIDIA から無償で入手可能です。これらの将来の見通しに関する記述は、将来的なパフォーマンスを保証するものではなく発表日時点のものであり、法律による定めがある場合を除き、NVIDIA は今後発生する事態や環境の変化に応じてこれらの記述を更新する義務を一切負いません。

© 2018 NVIDIA Corporation. All rights reserved. NVIDIA、NVIDIA ロゴ、CUDA、NVIDIA RTX、NVIDIA Turing、 NVLink、Quadro および Quadro RTX は、米国およびその他の国々の NVIDIA Corporation (エヌビディア コーポレーション)の商標かつ/あるいは登録商標です。 VirtualLink は、VirtualLink Consortium の商標です。USB Type-C および USB-C は、USB Implementers Forum の商標です。その他の会社名や製品名についても、それらに関連付けられる各会社の商標である可能性があります。製品の特徴、価格、発売・販売および仕様は、予告なしに変更されることがあります。




###

NVIDIA® Corporationは2016年度の登録商標です。すべての会社名および/または製品名はそれぞれのメーカの商標および/または登録商標です。機能、価格、可用性、および仕様は予告なしに変更されることがあります。

NVIDIAに関する詳細については、NVIDIAプレスルームhttp://www.nvidia.co.jp/page/press_room.html をご覧下さい。