NVIDIA RTX プラットフォーム、続々と開発されるブロックバスター ゲームにリアルタイム レイ トレーシングと AI をもたらす

 
 

『Battlefield V』や『Shadow of the Tomb Raider』をはじめとする世界トップのゲーム開発者が NVIDIA RTX を採用

Gamescom - NVIDIA Turing™ アーキテクチャをベースとする初の GeForce RTX™ ゲーミング GPU の発表に続き、NVIDIA はこのたび、『Battlefield™ V (バトルフィールド V)』や『Shadow of the Tomb Raider (シャドウ オブ ザ トゥームレイダー)』をはじめとするブロックバスター ゲームが NVIDIA RTX™ プラットフォーム上で続々と開発されていることを発表しました。これにより、リアルタイム レイ トレーシングとまったく新しい AI 機能を多くのゲームで利用できるようになります。

NVIDIA RTX は、リアルタイム レイ トレーシングをゲームに取り入れるための業界標準ゲーム開発プラットフォームとして急速に台頭しました。Turing アーキテクチャの新しい RT コアにより、物理的に正確なシャドウ (影)、リフレクション (反射)、リフラクション (屈折)、およびグローバル イルミネーションを伴う、オブジェクトや環境のリアルタイム レイ トレーシングが可能になります。

NVIDIA のコンテンツ アンド テクノロジ担当シニア バイス プレジデントであるトニー タマシ (Tony Tamasi) は、次のように述べています。「NVIDIA RTX プラットフォームと GeForce RTX 20 シリーズ GPU は、これまでの一般的な予想よりも 10 年も早くリアルタイム レイ トレーシングをゲームにもたらします。GeForce RTX GPU に組み込まれた AI とハードウェア ライト レイ アクセラレーションによって、これらの革新的な機能がすぐそこまで来ています。」

NVIDIA RTX には、高度なプログラマブル シェーダー、レイ トレーシング、およびディープラーニングを可能にするハードウェアやソフトウェアなど、ゲーム開発者がレイ トレーシングと AI の効果を取り入れるための強力なツール セットが用意されています。NVIDIA RTX プラットフォームは、マイクロソフトの新しい DirectX Raytracing (DXR) API によるサポートを受けており、さまざまなゲームがそれを Windows や Vulkan API 向けの開発に取り入れています。また、NVIDIA の Turing アーキテクチャにはハードウェア アクセラレーションが組み込まれています。

Epic Games の CEO であるティム スウィーニー (Tim Sweeney) 氏は、次のように述べています。「GeForce RTX と NVIDIA の Turing アーキテクチャは、レイ トレーシング アクセラレーション、AI ハードウェア、およびプログラマブル シェーディングを史上初めて 1 つの GPU に統合することで、ゲーム開発に適した驚くほど強力な新基盤をもたらします。」

ゲームにおけるリアルタイム レイ トレーシングの幅広い採用
以下のタイトルをはじめ、今後もリアルタイム レイ トレーシングが多くのゲームで採用される予定です。

きわめて高速なディープ ニューラル ネットワークの処理を可能にする Turing の Tensor コアを搭載した GeForce RTX GPU では、ディープラーニングと AI をレンダリング手法に応用してゲーム内でレンダリングされるオブジェクトの鮮明で滑らかな輪郭を実現するテクノロジである DLSS (Deep Learning Super-Sampling) もサポートしています。

ゲームにおける DLSS の幅広い採用
以下のタイトルをはじめ、今後も DLSS が多くのゲームで採用される予定です。

業界トップの開発者からのサポート
Adobe、Autodesk、Pixar などのプロ用レンダリング アプリケーションの開発者のほか、ゲーム業界の最重要企業の多くが、NVIDIA RTX プラットフォームのサポートを表明しています。サポートを表明している企業から以下のようなコメントが寄せられています。

  • 「GeForce RTX によって未来はすでに現実のものとなりました。NVIDIA は、リアルタイム レイ トレーシングを実現することでグラフィックスをまったく新しいものへと変えようとしています。NVIDIA RTX プラットフォームが当社のエンジン、そして特に近日リリースされるタイトル『Metro Exodus (メトロ エクソダス)』にリアルタイムのグローバル イルミネーションを取り入れるチャンスを初めて与えてくれました。これにより、リアルタイム グラフィックスで見られるきわめてリアルなライティング シミュレーションが可能になります。」 - 4A Games、CTO、Oleksandr Shyshkovtsov 氏
  • 「『Rise of the Tomb Raider (ライズ オブ ザ トゥームレイダー)』での NVIDIA との提携はすばらしいものでした。今回、『Shadow of the Tomb Raider (シャドウ オブ ザ トゥームレイダー)』では、NVIDIA RTX テクノロジのおかげでこのタイトルにぴったりのリアルタイム シャドウを表現できるようになりました。」 - Crystal Dynamics、シニア ブランド ディレクター、Rich Briggs 氏
  • 「ゲームパブリッシャーの立場から見ても、NVIDIA の GeForce RTX は実にすばらしいものです。ゲームをプレイされるお客様にとってゲームがよりリアルでよりイマーシブなものになる未来が見えます。PC ゲーマーになるなら今でしょう。」 - Deep Silver、CEO、Klemens Kundratitz 氏
  • 「『Battlefield (バトルフィールド)』のファンからは常にグラフィックの忠実性の限界を押し上げることを期待されていますが、この新しい NVIDIA RTX プラットフォームによって当社はその期待に応えることができます。RTX への投資でグラフィックスは飛躍的な進歩を遂げるでしょう。当社の野望は、『Battlefield (バトルフィールド)』を PC プレイヤーにとってはるかに現実味のあるダイナミックなものにすることです。」 - DICE、テクニカル ディレクター、Christian Holmquist 氏
  • 「NVIDIA はその Turing アーキテクチャによって、現世代のラスタライズ手法がこれまで生じさせ続けてきたフォトリアリズムへの障壁を打ち砕きました。」 - Epic Games、CTO、Kim Libreri 氏
  • 「DLSS は、レンダリングされたオブジェクトの輪郭を滑らかにすることでかつてない見事な描画を可能にします。MMORPG では、人工知能をアンチエイリアシングに利用することで、ゲーム体験が大幅に向上します。これは GeForce RTX の Tensor コアのすばらしい利用法と言えるでしょう。」 - Seasun の CEO および Kingsoft のシニア バイス プレジデント、Kris Guo 氏
  • 「NVIDIA RTX プラットフォームを利用してレイ トレーシングを『Atomic Heart (アトミック ハート)』に取り入れる作業は驚くほど簡単でした。いつもどおり NVIDIA はその専門知識とともに優れたツール セットを提供してくれました。また、GeForce RTX からは求めていた処理能力が得られました。」 - Mundfish、CEO、Robert Bagratuni 氏
  • 「GeForce RTX によって『Justice (ジャスティス)』でリアルタイム レイ トレーシングを実現できただけでなく、その結果には圧倒されました。GeForce RTX のおかげで、リアルタイム レイ トレーシングを予定より 10 年も早く取り入れることができました。」 - NetEase LeiHuo Studio、ゼネラル マネージャー、ZhiPeng Hu 氏
  • 「ゲームにおいてリアルタイム レイ トレーシングはどうしても手の届かないものでしたが、NVIDIA GeForce RTX がその状況を一変させました。レイ トレーシングされたシャドウやリフレクション、リフラクション、アンビエント オクルージョンは衝撃的です。それらは文字どおりゲーム チェンジャーだと言えるでしょう。」 - NEXON Korea devCAT Studio、ProjectDH 担当エグゼクティブ プロデューサー、Donggun Kim 氏
  • 「Nixxes Software には長年 NVIDIA と提携してきた歴史があります。リアルタイムでレイ トレーシングされるシャドウを PC 版『Shadow of the Tomb Raider (シャドウ オブ ザ トゥームレイダー)』に組み込むことでその伝統を継続することができ、非常にうれしいかぎりです。」 - Nixxes Software BV、CEO、Jurjen Katsman 氏

NVIDIA について
NVIDIA が 1999 年に開発した GPU は、PC ゲーム市場の成長に拍車をかけ、現代のコンピューター グラフィックスを再定義し、並列コンピューティングを一変させました。最近では、GPU ディープラーニングが最新の AI、つまりコンピューティングの新時代の火付け役となり、世界を認知して理解できるコンピューター、ロボット、自動運転車の脳の役割を GPU が果たすまでになりました。今日、NVIDIA は「AI コンピューティング カンパニー」として知名度を上げています。詳しい情報は、www.nvidia.co.jp をご覧ください。

NVIDIA の最新情報は、以下の方法で入手できます。
公式ブログ NVIDIA blogFacebookGoogle+TwitterLinkedIn および Instagram、NVIDIA に関する動画 YouTube、画像 Flickr

____________________________________

世界トップの開発者が NVIDIA RTX を採用し、開発者にレイ トレーシングと AI の効果を取り入れるためのツールを提供しているという記述、NVIDIA RTX プラットフォーム上でゲームが続々と開発されているという記述、NVIDIA RTX と NVIDIA Turing アーキテクチャをベースとする GeForce RTX ゲーミング GPU の影響、利点、機能、性能 (RTX プラットフォームが Microsoft の API によるサポートを受けていること、さまざまなゲームがそれを Windows や Vulkan API 向けの開発に取り入れており、ハードウェア アクセラレーションが Turing アーキテクチャに組み込まれていること、リアルタイムのグローバル イルミネーションを組み込むことでリアルタイム グラフィックスで見られるきわめてリアルなライティング シミュレーションが可能になること、ゲームでリアルタイムのシャドウや特性を表現できること、ゲームがよりリアルでイマーシブなものになる未来を実現しグラフィックの忠実性の限界を押し上げること、RTX に投資することでグラフィックスが大きく飛躍し、ゲームをより現実味のあるダイナミックなものにできること、Turing アーキテクチャがフォトリアリズムへの障壁を打ち砕いたこと、AI をアンチエイリアシングに利用することでゲーム体験が向上すること、レイ トレーシングをゲームに簡単に組み込めること、ゲーム チェンジャーとなる手法をもたらすことなど) に関する記述、NVIDIA RTX がリアルタイム レイ トレーシングをゲームに取り入れるための業界標準プラットフォームとなっているという記述、RT コアによってリアルタイム レイ トレーシングが可能になるという記述とその詳細、NVIDIA RTX プラットフォームと GeForce RTX 20 シリーズ GPU がレイ トレーシングを予定より 10 年も早くゲームにもたらしたという記述、多くのゲームで AI とハードウェア ライト レイ アクセラレーションを取り入れた GeForce GPU が採用されているという記述、GeForce RTX と Turing アーキテクチャがレイ トレーシング アクセラレーション、人工知能ハードウェア、およびプログラマブル シェーディングを史上初めて 1 つの GPU に統合することで、ゲーム開発に適した驚くほど強力な新基盤をもたらすという記述、リアルタイム レイ トレーシングと Deep Learning Super-Sampling を搭載する予定のゲームに関する記述、GeForce RTX GPU が DLSS とその利点をサポートしているという記述、業界の最重要企業の多くが NVIDIA RTX をサポートしているという記述、GeForce RTX によって未来がすでに現実のものとなっているとともに、NVIDIA がリアルタイム レイ トレーシングによってグラフィックスをまったく新しいものへと変えようとしているという記述、および Nixxes Software が今後も NVIDIA との提携を続けるという記述を含め (ただし、これらに限定されません)、本プレス リリースに記載されている記述の中には、将来予測的なものが含まれており、予測とは著しく異なる結果を生ずる可能性があるリスクと不確実性を伴っています。

© 2018 NVIDIA Corporation. All rights reserved. NVIDIA、NVIDIA ロゴ、GeForce、GeForce RTX、NVIDIA RTX および NVIDIA Turing は、米国およびその他の国々の NVIDIA Corporation (エヌビディア コーポレーション) の商標かつ/あるいは登録商標です。その他の会社名や製品名についても、それらに関連付けられる各会社の商標である可能性があります。製品の特徴、価格、発売・販売および仕様は、予告なしに変更されることがあります。




###

NVIDIA® Corporationは2016年度の登録商標です。すべての会社名および/または製品名はそれぞれのメーカの商標および/または登録商標です。機能、価格、可用性、および仕様は予告なしに変更されることがあります。

NVIDIAに関する詳細については、NVIDIAプレスルームhttp://www.nvidia.co.jp/page/press_room.html をご覧下さい。