NVIDIA

NVIDIA Tegraスーパーチップ、 スーパーフォンに次なる波を生む

デュアルコアCPUを集積した世界初のモバイル・プロセッサー、LG社ほかのスーパーフォンで新たなモバイル体験とかつてないコンテンツを実現

Tegra 2
Tegra 2は新しい体験ができる次世代の端末を実現。スーパーフォンのターボチャージャーとも言うべき存在です
LG Optimus 2X
スーパーフォンの次なる波で、先陣を切る製品として登場した、Tegra 2を搭載する「LG Optimus 2X」
Dungeon Defenders
Tegra 2は、「ドラゴン ディフェンダー」をはじめとするTegra Zoneからダウンロードできるゲームを、スーパーフォンやタブレット端末で、ユーザーが利用できるように最適化されています

2011年1月5日 - ネバダ州ラスベガス、コンシューマー・エレクトロニクス・ショー (CES) -NVIDIA(本社:米国カリフォルニア州サンタクララ、社長兼CEO: ジェンスン・フアン(Jen-Hsun Huang)、Nasdaq:NVDA)は本日、世界初のモバイル用スーパーチップ、NVIDIA® Tegra™ 2の搭載でスーパーフォンに次なる波が来ると発表しました。

新しいスーパーフォンはスマートフォンの上を行く存在で、帯域幅が広く高速ダウンロードが可能なネットワークをフル活用してかつてないほどのマルチメディア体験を提供します。

初期のスマートフォンは4インチ強のスクリーン、シングルコアの1GHzモバイル・プロセッサー、5メガピクセル強のカメラ、複数マイクという構成で、ビデオやゲームをそれなりに楽しむことができました。新しいスーパーフォンはパワフルなマルチコアCPUと超高速GPUを搭載した超低消費電力の機器となっており、まるで魔法かと思うほどすばらしいビデオ体験やゲーム体験が得られます。

Creative Strategies Inc.のプリンシパル、ベン・バージャリン(Ben Barjarin)氏は、次のように述べています。「本物のスーパーフォンを作るためには本物のスーパーチップが必要になります。CESで発表される新しいスーパーフォンは、今後、人々の生活に欠くことのできないモバイル・コンピューティング機器として普及してゆくことでしょう。そして、スーパーフォンに求められるこのようなモバイル・コンピューティング機能をTegra以上に提供できる製品はほかにありません。」

スーパーフォンではシームレスなマルチタスクが可能なほか、Adobe® Flash® Playerでハードウェア・アクセラレータが使えます。つまり、スマートフォンにゲーム・コンソールとマルチメディア機器を融合させたような製品なのです。この結果、モバイルのウェブ体験においても、マルチプレーヤー、クロスプラットフォームのゲームがコンソールと変わらないレベルで楽しめるようになります。また、柔軟性が大幅に向上し、複数のタスクを同時にこなせるようになります。

スーパーフォンの次なる波で先陣を切る製品のひとつが、Tegra 2搭載の新製品、LG Optimus 2Xです。

Tegra 2の特長:

  • Tegra 2スーパーチップはスーパーフォンのターボチャージャーとも言うべき存在で、見たことも聞いたこともない体験ができる新世代の機器を実現することができます。主な特長は以下のとおりです。
  • デュアルコアARM Cortex-A9 CPU-世界初のモバイル用デュアルコアCPUで、サクサクとウェブが閲覧できる、さっと応答が返ってくる、全体的なパフォーマンスがあがるなどの効果があります。
  • 超低消費電力(ULP)NVIDIA® GeForce® GPU-ULP GeForce GPUなら、モバイルでも3Dゲームを存分に楽しむことができますし、また、ビジュアルな魅力を満載し、かつ応答がすばやい3Dユーザー・インターフェースが利用できます。
  • 1080pビデオ再生プロセッサー-モバイル機器に保存した1080p HDの映画をHDTVで楽しむことができます。バッテリー寿命の心配は不要です。
  • モバイルのメディアやゲーム関連で、Tegra 2は以下のことを実現します。
    • 異なる機器を使うプレーヤー同士が対戦できるようになります。Tegra 2搭載のスーパーフォンやタブレットでデスクトップPCのプレーヤーと対戦するなどが可能になるのです。
    • NVIDIAは、CES 2011の記者会見において、Skype HDビデオ通話のプロトタイプのデモをAndroidタブレットで行いました。SkypeKitを使い、Tegra 2搭載タブレットでHDテレビ会議のリファレンス実装を開発したのです。SkypeKitのソフトウェアとAPIを活用すれば、インターネットに接続されていれば、どのような機器であってもSkypeの音声通話やビデオ通話ができるようになります。
    • Tegra ZoneアプリをNVIDIAが発表しました。このアプリを使うと、Tegraに最適化されたゲームをスーパーフォンやタブレットから簡単に見つけることができます。また、プロフェッショナルなゲーム・レビュー、高解像度のスクリーンショット、HDビデオ・トレーラー、ゲームプレイのビデオ、舞台裏がのぞける短編動画なども楽しむことができます。Tegra Zoneゲームは、Android Marketで購入できます。
  • LG Optimus 2Xは、ハイパー・パフォーマンスを誇る高速スーパーフォンです。
    • Optimus 2Xでは、高速パフォーマンス、シームレスなマルチタスク、フルHDMI、真にビジュアルなゲームとすばらしいユーザー体験が得られます。
    • 主な仕様は以下のとおりです。
      • 4インチのWVGAスクリーン
      • 8GBのメモリ(microSDを使えば最大32GB)
      • 1,500mAhのバッテリー
      • 8メガピクセルのリアカメラと1.3メガピクセルのフロントカメラ
      • HDMIミラーリング
      • 1080p MPEG-4/H.264の再生と記録
    • 詳しい情報や製品の画像は、LGがオンラインで提供するプレス・キット(www.lgnewsroom.com/CES2011)をご覧ください。

CESでは、このほかにもさまざまなスーパーフォンが発表されますが、その詳細はまだ発表することができません。

エンドースメント

  • 「いよいよスーパーフォンの時代に入りました。人々が求めるモバイル機器は第一にコンピュータであり、次が電話となったのです。Tegraの登場でスーパーフォンが新たな次元に入り、今までは不可能だったレベルのモバイル体験ができるようになりました。」
        -NVIDIAモバイル事業担当ゼネラルマネージャー、マイケル・レイフィールド(Michael Rayfield)
  • 「NVIDIAと深い信頼で結ばれたパートナーシップを構築できたことを大変うれしく思うとともに、そのコラボレーションの成果としてLG Optimus 2Xが生まれたことを大きな誇りに感じています。デュアルコアのTegra 2を搭載したこのスーパーフォンは、今までとまったく違うスマートフォン体験をユーザーにお届けし、今後、スマートフォン業界の新たな標準になるものと思われます。NVIDIAもLGもイノベーションに強い情熱を持つ企業であり、今後、NVIDIAとのパートナーシップをさらに深めてゆきたいと考えています。」
        -LG Electronics Mobile Communications Company事業戦略チーム担当副社長、チャン・ヨンソク(Yong Seok Jang)氏
  • 「NVIDIAとは昔から緊密なパートナーとして活動してきましたが、その結果、携帯電話のパフォーマンスがこうして急速に進化していることに大きな喜びを感じています。限界へのチャレンジを続けるNVIDIAは、次世代機器で驚異的なコンテンツ体験が得られるチップ、Tegra 2を作ってくれたのです。」
        -Adobe社Flash Runtime担当副社長、ダニー・ウィノカー(Danny Winokur)氏
  • 「SkypeKitを活用し、AndroidタブレットでHDビデオ通話のリファレンス実装をNVIDIAが構築したこと、Skypeとして大変うれしく思っております。近い将来、PCやMac、TV、電話などでSkypeを使っている人に対し、多くの消費者がTegra搭載タブレットからビデオ通話を行うようになるでしょう。」
        -Skype社事業開発担当ディレクター、マンリケ・ブレネス(Manrique Brenes)氏
  • 「Netflixでは、Tegra 2開発プラットフォームを用いてAndroid系のスーパーフォンとタブレットを開発しています。開発は、Tegraが持つすばらしい高速化機能とセキュリティ機能をフル活用できるよう、NVIDIAとも緊密に協力しながら進めています。」
        -Netflix社製品開発担当副社長、グレッグ・ピーターズ(Greg Peters)氏
  • 「ゲームの世界に、また、革命が起こりそうです。Tegra 2なら、コンソールのパワーを手のひらの上で実現できます。Dungeon Defenderなどのゲームは真のHDで制作されており、Tegra 2搭載デバイスで楽しめばもっとリアルに、もっとインタラクティブに、もっとチャレンジングになるのです。」
        -Trendy Entertainment社開発担当ディレクター、ジェレミー・スティーグリッツ(Jeremy Stieglitz)氏

関連リンク:
www.nvidia.co.jp/tegra
//www.nvidia.co.jp/object/tegra-2-jp.html
//www.nvidia.com/object/tegra-smartphones-tablets.html
//tegradeveloper.nvidia.com/tegra/
www.lg.com
www.lgnewsroom.com/CES2011
www.adobe.com
www.skype.com
//trendyent.com/
//dungeondefenders.com/

NVIDIA について
NVIDIAは、1999年にグラフィックス・プロセッシング・ユニット(GPU)を発明した時、コンピュータグラフィックスのパワーを世界に目覚めさせました。それ以来、ポータブルメディアプレイヤーからノートブック、ワークステーションまで幅広い範囲におけるインタラクティブなグラフィックス機器で、継続的かつ驚異的なビジュアルコンピューティングの新しい標準を創り上げてきました。NVIDIAのプログラム可能なGPUの専門的技術は、費用のかからない安価な、そして幅広いアクセスができるスーパーコンピュータによる並列処理の進歩を続けています。米国で保有する特許は1,600以上で、近代的なコンピューティングの基礎となった発見や設計に関するものもあります。より詳しい情報については、www.nvidia.com あるいは日本語サイト//www.nvidia.co.jpをご覧ください。

本参考情報に記載されている記述の中には、NVIDIA Tegraスーパーチップ搭載のモバイル機器の利点、特徴、モダンコンピューティング上における企業特許の効果など、これらに限らず、将来予測的なものが含まれており、予測とは大幅に異なる結果を生ずる可能性があるリスクと不確実性を伴っています。これらのリスクと不確実性に関してはこれらに限らず、より効率かつ迅速な技術開発、並列処理におけるCPUの採用、デザイン、製造、あるいはソフトウェアの欠陥、技術開発および競合による影響、ユーザの嗜好および需要の変化、競合製品のユーザの採用、業界標準およびインターフェースの変更、システムを統合する際の当社製品および技術の予期せぬパフォーマンスの損失などがあり、その他のリスクの詳細に関しては、Form 10-Kの2010年10月31日を末日とする四半期レポートなど、米証券取引委員会(SEC)に提出されているNVIDIAの報告書に適宜記載されます。これらの将来予測的な記述は発表日時点での見解に基くものであり、NDIVIAはこれらの記述を更新する一切の義務を負いません。

Copyright® 2010 NVIDIA Corporation. All rights reserved.NVIDIA、NVIDIAのロゴ、GeForce、3D Vision、PhysX、Quadro、TeslaおよびCUDAは、米国およびその他の国におけるNVIDIA Corporationの商標または登録商標です。その他の会社名および製品名は、それぞれの所有企業の商標または登録商標である可能性があります。機能、価格、可用性、および仕様は予告なしに変更されることがあります。

本案件に関するお問合せ先:

エヌビディア
マーケティング本部 広報/マーケティング・コミュニケーションズ
中村
Emailアドレス: knakamura@nvidia.com
Tel: 03-6743-8712 Fax: 03-6743-8799

エヌビディア広報事務局
共同PR株式会社 武内 / 渡部
Emailアドレス: n-takeuchi@kyodo-pr.co.jp / hi-watanabe@kyodo-pr.co.jp
Tel: 03-3571-5326 Fax: 03-3574-0316