Tesla

GPU Applications

NVIDIA TESLA および QUADRO GPU での MATLAB アクセラレーション

MATLAB® は、高度な言語と対話型環境を統合したもので、AI、ディープラーニング、その他の大量の計算が必要な分析を高速化する NVIDIA® GPU の使用が可能になります。また、CUDA® のプログラミング知識がなくても利用できます。MATLAB と Parallel Computing Toolbox™ を使用すると、以下のことができます。


 

MATLAB を使用した GPU コンピューティングの紹介



 




GPU でディープラーニングやその他の大量の計算が必要な分析法を開発する

MATLAB は、AI とディープラーニング開発のためのエンドツーエンドのワークフロー プラットフォームです。MATLAB では、トレーニング データセットのインポート、ビジュアライゼーションとデバッグ、CNN トレーニングのスケーリング、展開のためのツールやアプリを提供します。
1 行のコードで、デスクトップ、クラウド、クラスターに計算および GPU リソースを追加し、規模を拡大できます。

 


GPU Coder を使用して、ディープラーニング、組み込みビジョン、自律システムのために MATLAB コードから最適化された CUDA コードを生成します。生成されたコードは、TensorRT、cuDNN、cuBLAS を含む最適化された NVIDIA CUDA ライブラリを自動的に呼び出し、低レイテンシ、高スループットの NVIDIA GPU で実行します。生成されたコードをソース コード、静的ライブラリ、動的ライブラリとしてプロジェクトに統合し、展開して NVIDIA Volta®、NVIDIA Tesla®、NVIDIA Jetson®、NVIDIA DRIVE® などの GPU 上で動作させます。

詳細を見る


TensorRT による推論展開のための MATLAB から生成された CUDA コードを展開する
特別な Tesla パートナーおよび販売店

Tesla 推奨プロバイダーの全リストについては、 こちらをクリックしてください。