Google Cloud での NVIDIA GPU の利用が、日本、ブラジル、インド、およびシンガポールで初めて可能に

 
 

NVIDIA T4 GPU のパブリック ベータが利用可能になったのを受け、Google Cloud Platform での利用範囲がさらに拡大

2019 年 1 月 16 日、カリフォルニア州サンタクララ - Google Cloud は、Google Cloud Platform (GCP) において NVIDIA GPU がこれまでよりも幅広く利用できるようになったことを発表しました。米国およびヨーロッパに加え、日本、ブラジル、インド、およびシンガポールでは、Google Cloud 上で NVIDIA GPU が初めて利用できるようになりました。また、NVIDIA T4 GPU インスタンスのパブリック ベータが、これらを含む世界中の 8 つの地域で利用可能になっています。

Google Cloud のプロダクト マネージャーであるクリス クルバン (Chris Kleban) 氏は、次のように話しています。「NVIDIA K80、P4、P100 および V100 の GPU ラインナップに T4 が加わることにより、ハードウェア アクセラレーションによるコンピューティングについてのお客様の選択肢がさらに広がることになります。T4 は、NVIDIA のポートフォリオのなかでも、推論ワークロードを実行するのに最適な GPU です。FP16、INT8 および INT4 に対応する、T4 の高性能な特性により、他のアクセラレータにはあり得ない、精度と性能の柔軟なトレードオフによって、ハイスケールな推論が可能となります」

NVIDIA T4 GPU は、ハイ パフォーマンス コンピューティングやディープラーニングのトレーニングと推論、機械学習、データ分析、グラフィックスといった、多様なクラウド ワークロードを加速させるために設計されています。NVIDIA T4 は、NVIDIA の新しい Turing アーキテクチャがベースとなっており、多精度 Turing Tensor コアと新しい RT コアを搭載しています。

それぞれの T4 は、16GB の GPU メモリを実装しており、260 TOPS の演算性能を備えています。

Google Cloud Platform では、プリエンプティブ仮想マシン (VM) インスタンスで新しい T4 GPU を1 基当たり 1 時間 0.29 ドルの低価格で使用することができます。「オンデマンドのインスタンスでは、GPU 1 基当たり 1 時間 0.95 ドルからとなっており、最大 30 パーセントの継続使用割引きも用意しています」とクルバン氏は話しています。

Turing アーキテクチャでは、単一の GPU で視覚的にリアルな 3D グラフィックスや複雑なプロフェッショナル モデルを物理的に正確なシャドウ、リフレクションおよびリフラクションでレンダリングする、リアルタイム レイ トレーシングが導入されています。Turing の RT コアは、レイ トレーシングを加速させます。さらに NVIDIA の RTX レイ トレーシング テクノロジのようなシステムおよびインターフェイス、ならびに Microsoft DXR、NVIDIA OptiX™ および Vulkan レイ トレーシングといった API との組み合わせにより、リアルタイムのレイトレーシング エクスペリエンスを実現します。Google も T4 インスタンスでの仮想ワークステーションに対応しており、デザイナーやクリエイターは、あらゆる場所から、あらゆるデバイスで、次世代のレンダリング アプリケーションを利用することができます。

また、Google Cloud AI チームは、詳細なテクノロジ ブログも公開しており、開発者が、T4 GPU と NVIDIA TensorRT プラットフォームを活用するのを支援しています。この投稿では、チームは、Google Cloud Platform 上の NVIDIA T4 GPU で動作する NVIDIA TensorRT 5 を実装した大規模なワークロードで、ディープラーニング推論を実行する方法を記しています。

新しい T4 インスタンス タイプで使えるソフトウェアは、AI、機械学習および HPC のための GPU アクセラレーション ソフトウェアについての NVIDIA のカタログである、NGC からダウンロードするのが理想的です。NGC では、TensorFlow AI フレームワーク、データ サイエンスを加速するための RAPIDS、前述の NVIDIA TensorRT および NVIDIA OptiX に対応した ParaView などの GPU に最適化されたソフトウェアを実装した、すぐに利用可能で多様なコンテナーを提供しています。

昨年 11 月、Google Cloud は、プライベート アルファ版で次世代の NVIDIA T4 GPU を提供する、最初のクラウド ベンダーとなりました。このことは、SC 2018 のステージで NVIDIA の創業者/CEO であるジェンスン フアン (Jensen Huang) が明らかにしており、以下の動画でその模様をご覧いただけます。
SC18: NVIDIA CEO Jensen Huang on the New HPC (1:31:45 - 1:39:38)

NVIDIA と Google Cloud Platform のエコシステムについては、NVIDIA TensorRT 推論サーバー、Google Kubernetes Engine および Kubeflow を使用して稼働している AI 推論を示した、以下のウェビナーで詳しく説明されます。

Maximizing GPU Utilization for Data Center Inference with NVIDIA TensorRT Inference Server
(NVIDIA TensorRT 推論サーバーにより、データセンター推論向け GPU の利用を最大化する)

2019 年 1 月 24 日、午前 9 時~10 時 (太平洋標準時間) 今すぐウェビナーに登録する

今日から、Google Cloud Platform 上で NVIDIA T4 GPU を利用するには、こちらからお申込み下さい。

NVIDIA の最新情報は、以下の方法で入手できます。
公式ブログ NVIDIA blogFacebookGoogle+TwitterLinkedIn および Instagram、NVIDIA に関する動画 YouTube、画像 Flickr

NVIDIA について
1999 年における NVIDIA (NASDAQ 表示: NVDA) による GPU の発明は、PC ゲーミング市場の成長に爆発的な拍車をかけ、現代のコンピューター グラフィックスを再定義し、並列コンピューティングに革命的変化を起こしました。最近では、GPU ディープラーニングが最新の AI (次世代コンピューティング) に火をつけ、世界を知覚し理解することができるコンピューター、ロボット、自律走行車の脳として GPU は機能しています。詳細は、こちらのリンクから: www.nvidia.com/ja-jp/

____________________________________

本プレスリリースにおける一定の記載は将来の見通しに関する記述であり、予測とは著しく異なる結果を生ずる可能性があるリスクと不確実性を伴っています。かかるリスクと不確実性は、世界的な経済環境、サードパーティに依存する製品の製造・組立・梱包・試験、技術開発および競合による影響、新しい製品やテクノロジの開発あるいは既存の製品やテクノロジの改良、当社製品やパートナー企業の製品の市場への浸透、デザイン・製造あるいはソフトウェアの欠陥、ユーザーの嗜好および需要の変化、業界標準やインターフェイスの変更、システム統合時に当社製品および技術の予期せぬパフォーマンスにより生じる損失などを含み、その他のリスクの詳細に関しては、Form 10-K での NVIDIA のアニュアル レポートならびに Form 10-Q での四半期レポートなど、米証券取引委員会 (SEC) に提出されている NVIDIA の報告書に適宜記載されます。SEC への提出書類は写しが NVIDIA の Web サイトに掲載されており、NVIDIA から無償で入手することができます。これらの将来予測的な記述は発表日時点の見解に基づくものであって将来的な業績を保証するものではなく、法律による定めがある場合を除き、今後発生する事態や環境の変化に応じてこれらの記述を更新する義務を NVIDIA は一切負いません。

© 2019 NVIDIA Corporation. All rights reserved. NVIDIA、NVIDIA ロゴは、米国およびその他の国々の NVIDIA Corporation (エヌビディア コーポレーション) の商標かつ/あるいは登録商標です。その他の会社名や製品名についても、それらに関連付けられる各会社の商標である可能性があります。製品の特徴、価格、発売・販売および仕様は、予告なしに変更されることがあります。




###

NVIDIA® Corporationは2016年度の登録商標です。すべての会社名および/または製品名はそれぞれのメーカの商標および/または登録商標です。機能、価格、可用性、および仕様は予告なしに変更されることがあります。

NVIDIAに関する詳細については、NVIDIAプレスルームhttp://www.nvidia.co.jp/page/press_room.html をご覧下さい。