Volvo、量産車に NVIDIA DRIVE を搭載

 
 

AI ベースの新しい NVIDIA DRIVE AGX Xavier システムにより、レベル 2+ の運転支援が可能となり、2020 年代初頭にもマーケットに投入

2018 年 10 月 10 日 、ドイツ ミュンヘン - GTC Europe - スウェーデンの自動車メーカーである Volvo Cars (以下、「Volvo」) と NVIDIA は本日、Volvo が同社の次世代車両に NVIDIA DRIVE AGX Xavier™ コンピューターを搭載し、その生産を 2020 年代初頭より開始すると発表しました。

DRIVE AGX Xavier は、高度に統合された AI 自動車コンピューターで、これによって、Volvo では自動運転機能の開発を効率化し、開発とサポートの総費用を削減できるようになります。初期のプロダクション リリースでは、これまでの先進ドライバー支援システムをさらに進化させた、レベル 2 以上の運転支援機能が装備されるようになります。

Volvo と NVIDIA の両社は、自動運転機能の開発で協力しており、全方位の状況認識とドライバー監視システムについて独自の方法を採用しています。NVIDIA ベースのコンピューティング プラットフォームを導入することで、Volvo は新しい接続サービスやエネルギー管理テクノロジ、車内パーソナリゼーション オプション、自律走行テクノロジを実装できるようになります。

NVIDIA の創業者/CEO の Jensen Huang (ジェンスン フアン) は、GTC Europe の基調講演で次のように発表しました。「完成度の高いオートパイロットにより、安全性と運転する際の快適さが大幅に向上するでしょう。あなたの車があなたを導き、あなたの安全を守ってくれるのです。このようなことを実現させるには、これまでなかったようなセンサー アーキテクチャや AI ソフトウェア、安全テクノロジが必要となります。安全テクノロジとイノベーションの世界的なリーダー企業である Volvo は、車両内の安全と快適さ、コンピューティング機能には直接的な関係があることを知っています」

また、Volvo Cars の社長兼最高経営責任者 (CEO) である Håkan Samuelsson (ホーカン サムエルソン) 氏は次のように述べています。「自律走行のローンチを成功させるには、膨大な量のコンピューティング パワーだけでなく、人工知能の継続的な進歩が欠かせません。当社と NVIDIA との契約は、この課題の達成に向けた重要な 1 片となるものであり、完全自律走行が可能な Volvo 車を安全にお客様にお届けするのを促進してくれます」

NVIDIA DRIVE AGX には、世界初の自律走行用内蔵プロセッサである NVIDIA Xavier SoC (システム オン チップ) が組み込まれています。安全を目的として設計された、Xavier SoC には、冗長かつ多様なアルゴリズムを実現するために、6 つの異なったタイプのプロセッサが内蔵されています。

本日のニュースは、2017 年 6 月に行われた、Volvo と NVIDIA の発表に続くものです。そのときに両社は、Veoneer および Zenuity と連携して、スケーラブルな NVIDIA DRIVE プラットフォームを使用し、Level 4 の高度に自動化された運転システムを開発すると発表しました。

NVIDIA について
NVIDIA が 1999 年に開発した GPU は、PC ゲーム市場の成長に拍車をかけ、現代のコンピューター グラフィックスを再定義し、並列コンピューティングを一変させました。最近では、GPU ディープラーニングが最新の AI、つまりコンピューティングの新時代の火付け役となり、世界を認知して理解できるコンピューター、ロボット、自動運転車の脳の役割を GPU が果たすまでになりました。今日、NVIDIA は「AI コンピューティング カンパニー」として知名度を上げています。詳しい情報は、www.nvidia.com/ja-jp/ をご覧ください。

NVIDIA の最新情報は、以下の方法で入手できます。
公式ブログ NVIDIA blogFacebookGoogle+TwitterLinkedIn および Instagram、NVIDIA に関する動画 YouTube、画像 Flickr

____________________________________

NVIDIA DRIVE AGX Xavier および NVIDIA と Volvo とのコラボレーションの利点および影響に関する記述、オートパイロットの影響と要件および自律走行のローンチの成功に関する記述を含め (ただし、これらに限定されません)、本プレスリリースにおける一定の記載は将来の見通しに関する記述であり、予測とは著しく異なる結果を生ずる可能性があるリスクと不確実性を伴っています。かかるリスクと不確実性は、世界的な経済環境、サードパーティに依存する製 品の製造・組立・梱包・試験、技術開発および競合による影響、新しい製品やテクノロジの開発あるいは既存の製品やテクノロジの改良、当社 製品やパートナー企業の製品の市場への浸透、デザイン・製造あるいはソフトウェアの欠陥、ユーザーの嗜好および需要の変化、業界標準やインターフェイスの変更、システム統合時に当社製品および技術の予期せぬパフォーマンスにより生じる損失などを含み、その他のリスクの詳細に関して は、Form 10-K での NVIDIA のアニュアル レポートならびに Form 10-Q での四半期レポートなど、米証券取引委員会 (SEC) に提出されている NVIDIA の報告書に適宜記載されます。SEC への提出書類は写しが NVIDIA の Web サイトに掲載されており、NVIDIA から無償で入手すること ができます。これらの将来予測的な記述は発表日時点の見解に基づくものであって将来的な業績を保証するものではなく、法律による定めがある 場合を除き、今後発生する事態や環境の変化に応じてこれらの記述を更新する義務を NVIDIA は一切負いません。

© 2018 NVIDIA Corporation. All rights reserved. NVIDIA、NVIDIA ロゴ、NVIDIA AGX、NVIDIA DRIVE、Xavier は、 米国およびその他の国々の NVIDIA Corporation (エヌビディア コーポレーション) の商標かつ/あるいは登録商標です。その他の会社名や製品 名についても、それらに関連付けられる各会社の商標である可能性があります。製品の特徴、価格、発売・販売および仕様は、予告なしに変更 されることがあります。




###

NVIDIA® Corporationは2016年度の登録商標です。すべての会社名および/または製品名はそれぞれのメーカの商標および/または登録商標です。機能、価格、可用性、および仕様は予告なしに変更されることがあります。

NVIDIAに関する詳細については、NVIDIAプレスルームhttp://www.nvidia.co.jp/page/press_room.html をご覧下さい。