ドライバダウンロード

GTX 1650
NVIDIA Studio
GeForce RTX
NVIDIA経験者採用情報
Call of Duty

Solaris Display Driver – x64/x86

 
バージョン: 340.17 BETA
リリース日: 2014.6.9
オペレーティングシステム: Solaris x86/x64
言語: Japanese
ファイルサイズ: 70.9 MB
ダウンロード

リリースハイライト
製品サポートリスト
追加情報
  • KHR_debug および ARB_debug_output 拡張機能により、GLアプリケーションに報告された情報について様々な改良と修正を行いました。
  • 複数のXサーバ上に「drawable」を同時に生成するGLX アプリケーションが、バッファを交換する時に強制終了するというバグを修正しました。
  • nvidia-settingsをアップデートして、例として`nvidia-settings -q gpus`のようなターゲットタイプをクエリーする時に、各ターゲットの有効名を全て報告するようにしました。
  • 新しい__GL_ALLOW_FXAA_USAGE の環境変数と、相応するGLAllowFXAAUsage アプリケーションのプロファイルキーにより、 アプリケーション・ベースでのFast Approximate Antialiasing (FXAA)の利用可能性を制御するために、サポートを追加しました。詳しくはREADMEでご覧ください。
  • 実行可能なメモリへの書き出しを許可しないシステム構成で、間接的なレンダリングが破損してしまうというバグを修正しました。
  • nvidia-settingsがホストシステムの libjanssonに対して同時にリンクすることを許可するために、nvidia-settings Makefiles をアップデートしました。 このオプションは、NV_USE_BUNDLED_LIBJANSSON Makefile 変数をゼロに設定することで、有効化することができます。nvidia-settings では、2.2 以降のバージョンのlibjansson が必要であることにご注意ください。
  • G-SYNC モニターの初期サポートを追加しました。追加の詳細やシステム要件は、こちらでご覧ください。

    http://www.nvidia.co.jp/object/g-sync-monitor-technology-jp.html

  • 最近のGPUの一部で、depth 15のグリーンチャンネル・ガンマランプのアップデートが無視されるという ドライバのバグを修正しました。