NVIDIA、Microsoft、Epic Games、Unity と大手デベロッパーが、GDC 2019 において、次世代のゲーミングに向けて始動

 
 

Unreal Engine、Unity およびファーストパーティー AAA ゲーム エンジンにリアルタイム レイトレーシングを実装

米国カリフォルニア州サンフランシスコ — Game Developers Conference — (2019 年 3 月 18 日) — NVIDIA (NASDAQ: NVDA) は、ゲーム デベロッパーがリアルタイム レイトレーシングをゲームに実装できるようにするためのコア プラットフォームとして NVIDIA® GeForce® GPU を活用する、いくつかの開発についての発表を行いました。

Microsoft DirectX™ Ray Tracing (DXR) はPC ゲーミングのエコシステムで中心的な役割を果たしています。今回の発表は以下となります。

  • 世界でもっとも人気のある、商用ゲーム エンジンである Unreal Engine および Unity へのリアルタイム レイトレーシングの実装
  • NVIDIA が GeForce GTX GPU(1) にレイトレーシング対応を追加。デベロッパーに対して数千万のゲーマーからなるインストール ベースを提供
  • NVIDIA GameWorks RTX™ の発表。デベロッパーがゲームにレイトレーシングを実装できるようにするための、ツールとレンダリング手法の包括的なセット
  • 新しいゲームとその体験。リアルタイム レイトレーシングが活用されている、Dragonhound、Quake II RTX など

NVIDIA の GeForce マーケティング責任者であるマット ウェブリング (Matt Wuebbling) は、次のように述べています。「15 年以上前、プログラマブル シェーダーが登場したとき、ゲーミングに大きな変化が訪れました。現在、リアルタイム レイトレーシングが同じような変化を起こしつつあります。リアルタイム レイトレーシングはゲーム開発における大転換点となっています。これが業界全体に広く採用されているのは驚くべきことであり、標準的な API、主要なゲーム エンジン、複数の AAA タイトルでの実装、数百万台のハードウェア製品での対応が実現しています。まさに、これらすべてがゲーマーにとっての魅力的な未来を示しています」

世界でも最も人気のあるゲーム エンジンがレイトレーシングに対応
ゲーム エンジンは、オーサリングやスクリプティング、AI、フィジックス、レンダリングなど、デベロッパーがビデオ ゲームを作るのに必要な、すべてのコア機能を備えた、ソフトウェア開発プラットフォームです。

リアルタイム レイトレーシングのような新機能をゲーム エンジンに組み込むことで、開発プロセスを加速させることができます。さらに、それによってエンジニアやプログラマー、コンテンツ クリエイター、アーティストを含む、ゲーム エンジンのすべてのユーザーがその機能を利用できるようになります。

世界で最も人気のある、商用ゲーム エンジンである、Unreal EngineUnity が、レイトレーシング機能を早急に実装するという発表を行いました。これらの機能を使って、ゲーム デベロッパーは、NVIDIA GeForce GPU を通じてリアルタイムで生成された、レイトレーシングの効果を追加するようになるでしょう。

Unreal Engine 4.22 は、現在、プレビュー版がリリースされており、最終リリースの詳細は水曜日に予定されている Epic の GDC の基調講演で明らかにされる見込みです。4 月 4 日より、Unity は大量生産を想定し、最適化された、カスタム エクスペリメンタル ビルドのリアルタイム レイトレーシング対応を実装する予定で、すべてのユーザーが GitHub より、2019.03 Unity リリースのフル プレビューにアクセスすることができます。

リアルタイム レイトレーシング対応を行う、他のファーストパーティー AAA ゲーム エンジンには、DICE/EA の Frostbite Engine、Remedy Entertainment の Northlight Engine、ならびに Crystal Dynamics や Kingsoft、Netease などのエンジンがあります。

Jon Peddie Research の社長であるジョン・ペディー (Jon Peddie) 氏は、次のように述べています。「近い将来、あらゆる AAA タイトルがリアルタイム レイトレーシングを実装するようになる、と私は信じています。2 つの大手ゲーム エンジンがリアルタイム レイトレーシングを実装するのは、リアルタイム レイトレーシングがゲーミング グラフィックスの未来であるとゲーム業界が信じているからです。歴史的に見れば、ゲーム エンジンでの実装はテクノロジの転換点であり、その後に業界全体で広く導入されるようになります」

レイトレーシング対応 GPU のインストール ベースが数千万人規模に拡大
Pascal と Turing アーキテクチャ(1) をベースとした NVIDIA GeForce GTX GPU があれば、4 月に登場予定のドライバを通じて、レイトレーシング対応ゲームを利用できるようになります。この新しいドライバにより、数百万のゲーム向け GPU が、リアルタイム レイトレーシングに対応するほか、この技術の普及が加速し、さらにゲーム デベロッパーは膨大な数のインストール ベースを手に入れられるようになります。

このドライバによって、GeForce GTX GPU は、シェーダー コアでレイトレーシング効果を実行できるようになります。ゲームでの性能は、レイトレーシングの効果、ゲーム内のレイの数、GPU のモデルおよびゲームの解像度によって異なります。Microsoft DXR および Vulkan API に対応しているゲームは、すべてがこのドライバを利用することができます。

ただし、専用のレイトレーシング コアを GPU に直接組み込んだ GeForce RTX GPU であれば、究極のレイトレーシング エクスペリエンスを得ることができます。このような GPU を使えば、レイトレーシング性能が 2 倍から 3 倍速くなり、専用のレイトレーシング コアを持たない GPU に比べて、視覚的により没入できるゲーミング環境が生まれます。

GameWorks RTX: レイトレーシング活用ゲームの開発を推進
NVIDIA GameWorks RTX は、デベロッパーがゲーム内にリアルタイム レイトレーシングの効果を追加するためのツールを包括的なセットにしたものです。NVIDIA GameWorks RTX は、デベロッパー コミュニティにおいて、GameWorks™ ライセンスに基づき、オープンソースのかたちで利用可能で、Unreal Engine 4.22 および Unity の 2019.03 のプレビュー リリースへのプラグインが含まれています。

GameWorks RTX には、以下が含まれています。

  • RTX Denoiser SDK – 必要なレイの数とピクセル当たりのサンプル数を減らす、デノイジング テクノロジによって、迅速なリアルタイム レイトレーシングを実現するためのライブラリ。これには、レイトレーシングされたエリア ライト シャドウ、光沢のあるリフレクション、アンビエント オクルージョンおよびディフューズ グローバル イルミネーションのためのアルゴリズムが含まれています。
  • Nsight for RT – デバッグの支援と、DXR および他の API に組み込まれているプロファイル グラフィックス アプリケーションによって、デベロッパーの時間を節約する、スタンドアローンのデベロッパー向けツール。

GameWorks RTX についての詳細は、https://developer.nvidia.com/rtx をご覧ください。

レイトレーシングを実装した、新しいゲームとそのエクスペリエンス
GDC では、以下のような、多様なレイトレーシング エクスペリエンスとゲームがデビューします。

  • Control — レイトレーシングによるグローバル イルミネーション、リフレクションおよびシャドウを実装した、Remedy Entertainment の新しいデモ動画をご覧ください。
  • Dragonhound — NVIDIA の GDC ブースでは、レイトレーシングを使用したリフレクションとシャドウを実装した、Nexon の新しいオンライン アクション RPG モンスター バトルを ご覧いただけます。
  • Quake II RTX — パス トレーシングと呼ばれる統合ライティング アルゴリズムにより、ゲーム内のすべての光にレイトレーシングが採用されています。クラシックな Quake II ゲームが、レイトレーシングに対応するようにオープンソース コミュニティで改良されており、NVIDIA のエンジニアリング チームがグラフィックスとフィジックスの改良によって、このゲームをさらに優れたものにしています。Quake II RTX は、Vulkan を使用するすべてのデベロッパーがレイトレーシングの効果をゲームに追加できる Vulkan の拡張版である、NVIDIA VKRayを使った、初のレイトレーシング ゲームです。

NVIDIA についての最新情報:
公式ブログ NVIDIA blogFacebookGoogle+TwitterLinkedInInstagram、NVIDIA に関する動画 YouTube、 画像 Flickr

NVIDIA について
1999 年における NVIDIA (NASDAQ 表示: NVDA) による GPU の発明は、PC ゲーミング市場の成長に爆発的な拍車をかけ、現代のコンピューター グラフィックスを再定義し、並列コンピューティングに革命的変化を起こしました。最近では、GPU ディープラーニングが最新の AI (次世代コンピューティング) に火をつけ、世界を知覚し理解することができるコンピューター、ロボット、自律走行車の脳として GPU は機能しています。詳細は、こちらのリンクから: www.nvidia.com/ja-jp/

(1) GeForce GTX 1060 6GB GPUかそれ以上

____________________________________

NVIDIA GeForce GPU、NVIDIA GameWorks RTX およびレイトレーシングの利益、影響、性能、能力および可用性、NVIDIA GeForce GPU が、デベロッパーがリアルタイム レイトレーシングをゲームに実装できるようにするためのコア プラットフォームであること、Unreal Engine、Unity および 展示されている最新のゲームに統合されたレイトレーシング、NVIDIA が、GeForce GTX GPU にレイトレーシングのサポートを追加し、開発者に数千万人規模の巨大なインストール ベースを提供すること、NVIDIA GameWorks RTX が、開発者がゲームに DXR を追加するのを支援すること、レイトレーシングが、ゲーミングに大きな変化をもたらし、ゲーム開発における大転換点となっていること、レイトレーシングが業界に広く導入され、多くの製品へのサポートが可能なこと、Unreal Engine および Unity の レイトレーシング により、ゲーム開発者がリアルタイムで実行可能なレイトレーシング エフェクトを追加することが可能になったこと、Unreal Engine および Unity が利用可能であること、近い将来、あらゆる AAA タイトルがリアルタイム レイトレーシングを実装するようになる、という信念およびレイトレーシングがゲーミング グラフィックスの未来であるとゲーム業界が信じているということ、NVIDIA GeForce GTX GPU があればレイトレーシング対応ゲームを利用できるようになること、GeForce GTX GPU のドライバーにより数百万のゲーム向け GPUが、リアルタイム レイトレーシングに対応し、ゲーム デベロッパーは膨大な数のインストール ベースを手に入れ、シェーダー コア 上でレイトレーシングを実行すること、ゲームでの性能が、ゲーム内のレイトレーシング、GPU のモデルおよびゲームの解像度によって異なること、GeForce GPUが、より早くより視覚的に没入度が高いレイトレーシング性能を提供すること、サポートされたゲームおよびGDC で発表される新しいゲームとその性能など、本プレスリリースにおける一定の記載は将来の見通しに関する記述であり、予測とは著しく異なる結果を生ずる可能性があるリスクと不確実性を伴っています。かかるリスクと不確実性は、世界的な経済環境、サードパーティに依存する製品の製造・組立・梱包・試験、技術開発および競合による影響、新しい製品やテクノロジの開発あるいは既存の製品やテクノロジの改良、当社 製品やパートナー企業の製品の市場への浸透、デザイン・製造あるいはソフトウェアの欠陥、ユーザーの嗜好および需要の変化、業界標準やインターフェイスの変更、システム統合時に当社製品および技術の予期せぬパフォーマンスにより生じる損失などを含み、その他のリスクの詳細に関して は、Form 10-K での NVIDIA のアニュアル レポートならびに Form 10-Q での四半期レポートなど、米証券取引委員会 (SEC) に提出されている NVIDIA の報告書に適宜記載されます。SEC への提出書類は写しが NVIDIA の Web サイトに掲載されており、NVIDIA から無償で入手すること ができます。これらの将来予測的な記述は発表日時点の見解に基づくものであって将来的な業績を保証するものではなく、法律による定めがある 場合を除き、今後発生する事態や環境の変化に応じてこれらの記述を更新する義務を NVIDIA は一切負いません。

© 2019 NVIDIA Corporation. All rights reserved. NVIDIA、NVIDIA のロゴ、GameWorks RTX、GeForce GTX、GeForce RTX、Hybrid Ray Traced Shadows、Nsight および RTX Denoiser は、米国およびその他の国における NVIDIA Corporation の商標または登録商標です。その他の会社名および製品名は、それぞれの所有企業の商標または登録商標である可能性があります。機能、価格、可用性、および仕様は予告なしに変更されることがあります。