NVIDIA GPU、新型Power Mac G5の全ラインアップに採用

 
 

2005年1025- プログラム可能なグラフィックス・プロセッサ技術で世界をリードするNVIDIA(エヌビディア)コーポレーション(本社:米国カリフォルニア州サンタクララ、社長兼CEO:ジェンスン・フアン(Jen-Hsun Huang)NasdaqNVDA)は米国時間1025日、Apple®が新たに採用したPCI Expressプラットフォームに対し、そのグラフィックスカードすべてを独占的に提供することになったと発表しました。NVIDIAカードを搭載したApple Power Mac G5プラットフォームは驚異的なスクリーン駆動能力を持ちます。4つの拡張スロットに複数のグラフィックスカードを挿すことが可能で、最大で8台のディスプレイを使うことができます。

 

NVIDIAのワールドワイド・セールス担当取締役副社長、ジェフ・フィッシャーは次のように述べています。「Appleはイノベーションとパフォーマンスにおいて実績のある会社として知られており、Power Macはクリエイティブ・プロフェッショナルから高い評価を受けています。新型Power Mac G5ラインアップでは、すべてのグレードにNVIDIA GPUが搭載されることになりました。NVIDIA GPUなら、Power Macプラットフォームの特徴である高いパフォーマンスと先進の機能を提供できるからです。」

 

Power Mac G5に搭載されるNVIDIAグラフィックスカードは以下の通りです。

NVIDIA GeForce 6600 LE(ビデオメモリ128MB):Power Mac G5全製品に標準装備されます。

NVIDIA GeForce 6660(ビデオメモリ256MB):BTOオプションとして用意されています。

NVIDIA GeForce 7800 GT(ビデオメモリ256MB)が、BTOオプションとして用意されています。

NVIDIA Quadro FX 4500(ビデオメモリ512MB):BTOオプションとして用意されています。

 

NVIDIA GeForce 6600 LENVIDIA GeForce 6660GeForce 7800 GTはいずれも、デュアルディスプレイあるいは30インチApple Cinema HDディスプレイを駆動することができます。NVIDIA Quadro FX 4500であれば、30インチApple Cinema HDディスプレイを2台駆動できますし、Stereo-in-a-Windowアプリケーションのステレオゴーグル用ポートなど、プロユーザ用の機能も利用できます。

 

このほか、購入後のアップグレード用として、GeForce 6600Apple Store®にて販売します。

 

NVIDIA GPUについての詳細は、www.nvidia.comをご覧ください。NVIDIA GeForceグラフィックスを搭載したApple Power Mac G5についての詳細は、www.apple.comをご覧ください。

 

NVIDIAについて

NVIDIA(エヌビディア)コーポレーション(本社:米国カリフォルニア州サンタクララ、社長兼CEO:ジェンスン・フアン(Jen-Hsun Huang)NasdaqNVDA)は、一般消費者および専門家の双方のコンピュータ市場に向けた最新のグラフィックスおよびマルチメディア・プロセッサにおける世界的リーダーです。同社のGPU(グラフィックス・プロセッシング・ユニット)とMCP(メディア・アンド・コミュニケーション・プロセッサ)およびWMP(ワイヤレス・メディア・プロセッサ)は、幅広い市場で採用されており、一般消費者向けおよび企業向けPC、ノートPC、ワークステーション、PDA、携帯電話、ビデオゲーム機など様々なコンピューティング・プラットフォームに組み込まれています。NVIDIA GeForce, NVIDIA GoForce, NVIDIA Quadro, NVIDIA nForce といった製品群は、ビデオゲーム機、映画製作、放送、インダストリアル・デザイン、宇宙探査、医療画像のアプリケーションを変貌させつつあります。本社はカリフォルニア州サンタクララにあり、従業員数は世界で2,500人を超えます。詳細についてはwww.nvidia.com あるいは日本語サイトhttp://jp.nvidia.com/ をご覧下さい。

 

本プレスリリースに記載されている記述の中には、NVIDIAワークステーション・グラフィックス製品利点、能力、性能および特長、など、これらに限らず、将来予測的なものが含まれており、予測とは大幅に異なる結果を生ずる可能性があるリスクと不確実性を伴っています。これらのリスクや不確実性の詳細に関しては、これらに限らず、製品および技術の予測不能な不適合性、パートナーの製品の欠陥、新製品の生産遅延、製造・ソフトウェアの欠陥、新製品開発に関する予測不能なコスト、新技術・製品の受容および使用、競合製品・価格選択肢の影響、業界標準やインターフェースの変化などがあり、その他のリスクの詳細に関しては、Form 10-Q2005年7月31日を末日とする四半期レポートなど、米証券取引委員会(SEC)に提出されているNVIDIAの報告書に適宜記載されます。これらの将来予測的な記述は発表日時点での見解に基づくものであり、NVIDIAはこれらの記述を更新する一切の義務を負いません。

 

#  #  #

 

NVIDIA® Corporation2005年度の登録商標です。すべての会社名および/または製品名はそれぞれのメーカの商標および/または登録商標です。機能、価格、可用性、および仕様は予告なしに変更されることがあります。

 

本リリースに関するお問い合わせ先:

 

エヌビディア広報事務局

株式会社プラップジャパン 武内、渡辺

Email アドレス: n-takeuchi@prap.co.jp

Tel: 03-3486-6868  Fax: 03-3486-7502


 




###

NVIDIA® Corporationは2016年度の登録商標です。すべての会社名および/または製品名はそれぞれのメーカの商標および/または登録商標です。機能、価格、可用性、および仕様は予告なしに変更されることがあります。

NVIDIAに関する詳細については、NVIDIAプレスルームhttp://www.nvidia.co.jp/page/press_room.html をご覧下さい。